トップ 「木」へのこだわり
住まい作り
施工例/お客様の声
リフォーム&改修
家を建てる
建物・施設作り
商業施設/大規模建築
公益・福祉施設
品質基準
私たちの品質基準
私たちが目指すこと
社長挨拶
私たちのこだわり
高気密・高断熱
ターミメッシュ
木曽の檜
会社情報
会社概要
アクセス
お問い合せ
よくあるお問い合せ
家のWEB絵本
屋根の上のネコ物語
ヒノキの冒険
そよ風ファンの冒険

岩田建設では「木」にこだわり、
特にその耐久性が住み心地を左右する土台や柱には、
厳選した「木曽ひのき」を使用しています。

>>> ひのき材 >>>
1200年以上前に建立された世界最古の木造建築物である「法隆寺」の主要な構造材は、ひのきです。ひのきの素晴らしい耐久性は、歴史が物語っています。ひのきは伐採後200年頃までは強度を増し、その後徐々に強度を減少させ、1000年以上経っても伐採時の強度を保っているといわれています。
>>> 東濃ひのき >>>
岐阜県東濃地方は、海抜500〜1000mの山林で、ひのきの生育地のほぼ北限に位置し、気温・湿度・日照・降水など、ひのきの成長に理想的な気象条件となっています。寒暖差が激しく、成長にかなりの歳月(約70年)がかかりますが、その分目の詰まった良質のひのきが生み出されます。
>>>ひのきの特長 >>>
・色が淡いピンク色で美しい。
・つやがあり、時が経つほど光沢が増す。
・木の香りがよい。
・年輪幅が均等で目が詰まっているので、年輪が美しい。
・木に粘りがあり、強度的に優れる。
・断面が真円に近く、木がまっすぐなので、製品にしても狂いが少ない。